矯正治療の流れ

  • 1.初診相談

    歯並び、かみ合わせの状態を診せていただきます。気になられている点を伺い、ご質問にお答えいたします。また、治療方法や治療期間、費用についての概略をご説明いたします。

  • 2.検査

    正面や真横からのレントゲン写真を撮り、歯の位置やあごの骨格を調べます。また、お口やお顔の写真を撮り、歯並び、かみ合わせの模型を使って、診断のための分析を行います。

  • 3.診断

    検査の結果とともに、治療方針について詳しくご説明いたします。治療方法ならびに矯正装置については、できるだけご要望に添えるようご相談の上、決めております。

  • 4.ブラッシング指導

    虫歯や歯周病にならないようお口の中を清潔に保っていただくことが大切です。正しい歯の磨き方を習得していただくために、矯正治療期間中を通じてブラッシング指導を行っていきます。

  • 5.装置装着

    治療方針にもとづいた矯正装置を作成し、装着いたします。この時、装置の取り扱い・注意点についてご説明いたします。装置には通常2~3日ぐらいで慣れてきます。

  • 6.歯並び・かみ合わせの調整

    矯正装置の調整を行っていきます。通常1ヶ月ごとに来院していただきます。歯並び、かみ合わせの変化・治療の進行状況をみながら、無理のないように装置をかえていきます。

  • 7.保定

    矯正装置がはずれましたら、取り外しができる楽な装置で歯並びを安定させていきます。保定期間中は3~6ヶ月ごとに通院していただきます。また、歯のクリーニングも行っていきます。

治療開始時期について

成長期のお子さま

次のように2段階にわけた矯正治療を行っております

イラスト:子供
第1期矯正治療:混合歯列期(6歳頃から小学生の高学年まで)
あごの成長・発育を育成し、歯並びだけでなく骨格の不調和を改善します。すべての永久歯がはえるように、将来歯を抜かないで矯正治療を可能にするには、大変重要な治療です。治療期間は1.5~3年程度です。
第2期矯正治療:永久歯列期(小学生の高学年以降)
セラミックブラケット(白い金具)とワイヤーによりすべての歯をコントロールし、見た目にきれいなだけでなく機能的に良くかめるかみ合わせにします。治療期間は1~2年程度です。

小学生高学年から成人の方の矯正治療

この時期ではあごの成長はありませんが、様々な矯正装置を工夫して、できる限り歯を抜かない矯正治療を目指します。

どうしても歯のガタガタが強い場合や上下のあごのズレが大きい場合は、やむをえず歯を抜いて治療します。装置は主にセラミックブラケット(白い金具)とワイヤーを用います。治療期間は1.5~3年程度です。

ページトップへ戻る